やれるときにやっておこう!

中学校における英語教育について

中学校における英語教育はおもに、「読む」「書く」「聞く」「話す」ことに重点をおいて授業がすすめられています。
現代では、国際化社会となり、英会話の能力がどんどん必要とされてきています。
そのため、公立の学校でもALTとよばれるネイティブスピーカーの教師を、授業に入れることでより正しい発音で英語が話せるように、教育に力をいれています。
「読む」授業では、英文が読めて理解できるように授業をします。
そして「書く」授業では、毎回の授業で単語の小テストを行ったり、文章を書く宿題が出たりします。
「聞く」授業は、英語の会話を聞いて理解できるかどうかが大切であるため、ネイティブの教師のいうことを聞くようにしたり、ネイティブが話している会話をCDやテープなどで聞くようにします。
授業の中では、生徒同士で会話をしてみたり、実際にネイティブスピーカーと会話をしてコミュニケーション能力を育成します。
しかし、英語の授業では、試験や入試のために英会話能力を育成する授業がなかなかできないため、日本で授業をうけていても、実際に英会話ができるようになることは難しいのです。
英会話能力を身に着けるためには、より多くの会話の授業が必要です。